【開発秘話】ネーミングの商標登録

※この写真は、先日子供と公園に行った時にとりました(笑。


木の間から撮る太陽が、異様に好きです。




さて、オリジナル講座開発秘話、もう飽きました?(笑。


もう少しです。お付き合いくださいm(_ _)m



今回の講座ですが、「商標登録」をすることを、最初から決めていました。


商標登録っていうのは、簡単に言うと、名前の最後に®がつくやつです(笑。


「この名前、使っちゃだめだよ」っていう意味でとるかたもいると思いますが、


私は、どちらかというと、


「ブランディング」とか、


「信頼」とか、


「本気度」とか、そういう意味でとることにしました。



現段階で、「協会にしよう!」とまでは、税理士さんとのお話も含め、いたりませんでした。


でも、しっかり考えましたよ、っていうアピールはしたい。


ふわっと考えて、ふわっとリリースしたわけじゃない。


試作もたくさんやってもらったし、準備も時間がかかった。


ということで、いろんなことを考え、できることは、「商標登録」かな、と思いました。



この商標登録も、まずは弁理士さんをさがすところから始まります。


正直、人脈もほとんどない私は、少ない友人にきいても、弁理士さんはおらず、


いても、お願いできない事情があったりと、割と時間がかかりました。


ネットで検索して見つけたところにお願いしてもいいけれど、


やはり、紹介の方が安心だなって思って。



でも、なかなか見つからず、「あ~もうネットで探したところにあたるしかないな」なんて思いだしたとき、


一緒に定期的にご飯を食べに行っている友人が、


「いるよ!」といい、その場でその方に電話(笑。


なんと、さっくり見つかりました(笑。



そこから、「次は打ち合わせしたい」と、友人にお願いし、


わざわざこちらの家の近くまできていただき、打ち合わせに至りました。



そこからは私も押せ押せで、


ネーミングの調査を依頼。さくさく仕事をしてくださる弁理士さんで、


割とすぐに調査結果が出たけど、


なんと、通る確率が70%、と出ました。



悩みました。


チャレンジする方もいるけど、半年まって、「拒絶」と言われたら、もうショックだろうと。


やはり100%に近い方が安心だと、


実はネーミング、最初に考えていたものを諦めました。


ネーミングは、一緒に試作をしてくださったMさんの一声で


決まってましたがw


2回目に考えたものも、結局Mさんの一声で決まりました(笑。


たぶん、私が「いいね、それ」って思うものを


Mさんがさくっと提案してくれるのです。



2回目に考えてもらって決まったものは、調査結果が100%近いということで、


これでいく!ということになり、ほっと一安心。



小さくいろんな壁は立ちはだかるなぁ、と感じた出来事でしたが、


無事、乗り越えることができました。

おけいこサロン経営塾コンサル 理想のワークスタイルをデザインする

小さい子供を幼稚園に通わせながら、築30年の賃貸マンションで、サロン講師として常に教室満席・資格取得生9割を実現してきたノウハウ・マインドを公開。 ノウハウの押しつけではなく、あなたに合ったおけいこサロンづくりを対等な立場で提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000