【コンサル選び(2)】依存させるか自立させるか


サロン、お教室運営の人のためのコンサルタントの選び方。


コンサルタントを選ぶ時の、私の思うコツをお伝えします。



2つ目は、「依存させるか自立させるか」です。



正直、依存させるのは簡単です。


何でも相談してもらい、何でもこうしたらいいと答える。


自分ではなにも決められない生徒を作る。


コンサル側としては、数か月のコンサルを終えたあと、


また継続してくれるわけですから、


売り上げにもなりいいです。



でも、それではいつまでたっても自立できません。


今後何年もお教室をやっていくわけですから、


「自分で考える癖」をつけた方がいいのです。



私は、自分が考えを押し付けられるのが嫌だったので、


生徒さんにも、提案はしますが、やるかやらないかは選んでもらいます。


そして、考えてもらいます。


「私はこう思うよ」という意見は伝えますが、強制はしません。



こうやって、1クールで講座を卒業していけるといいと思いますが、


その後も、私の力を借りたいという生徒さんが、


依存ではない形でコンサルを継続してもらえるなら、


うれしいなと思います(^^)

オンリーワンなおけいこサロンの作り方 運営開発コンサル

小さい子供を幼稚園に通わせながら、築30年の賃貸マンションで、サロン講師として常に教室満席・資格取得生9割を実現。オリジナル講座開発、Webに強い講師としてやってきたノウハウ・考え方・マインドを公開。 時代の流れにあわせた、あなたらしいオンリーワンのおけいこサロンづくりをご提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000